債務整理の方法とは

債務整理の方法はいくつもあります

借金生活の脱出は近い

 

借金の辛さから解放される手段の一つに債務整理があります。

 

債務整理には

  • 特定調停
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

の4つの方法があります。

 

それぞれどういったものかというと

 

特定調停は、簡易裁判所に仲裁してもらい返済条件を見直してもらうもの
任意整理は、貸した側と借りた側の双方で話し合いを行い減額するもの
個人再生は、具体的な再生計画案を提出し、裁判所に認めてもらう
自己破産は、破産申告をして借金を免除してもらうもの

 

以上のような違いがあります。

 

これらの方法は自分自身で行うことができ、専門家に依頼することで生じる費用を抑えることができます。

 

しかし、借金で悩んでいる時期にこのようなことを勉強している身体・精神的余裕はないと思います。

 

勉強している間も利息は発生してしまい、どの方法がいいのか吟味することもできません。

 

そのため、依頼する費用は発生しますが専門家に依頼し、丸投げして解決してもらうのではなくどれが一番自分に適しているか考えていくことをおすすめします。

 

それぞれの手段に借金が帳消しになるというメリットだけでなく、債務整理によって生じる弊害もあります。

 

借金がなくなるならどれでもいいやと考えるのではなく、計画的に今後自分が選択する手段によって生じるリスクを十分に理解し、分からないことは弁護士等の専門家に質問し後悔しない選択肢を選ぶようにしましょう。

 

いい加減に選択しては借金を再び背負うことになります。しっかりと計画的に自分自身の今後を責任をもって選択しましょう。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

債務整理を依頼する時にいくらかかる?
債務整理を弁護士または司法書士に依頼する時、忘れてならないのは着手金そして以降かかる費用のことです。着手金の相場は一社につき二万円くらいとなっています。
債務整理をした場合でも生命保険をやめなくて良い?
債務整理をした場合でも生命保険をやめなくて良い場合が存在するのです。任意の整理をしても生命保険を解約する必要はないのです。注意する必要が生じるのは自己破産の時です。
生活保護を受けていると債務整理はできる?
生活保護を受けているような人が債務整理を頼むことは出来るということですが、やはり利用方法については限られてしまうことが多いと思われます。その上、弁護士の側も依頼を受けない場合もありますので、本当に利用出来るのかを熟考した上で、依頼なさってください。