債務整理のデメリットとメリット

債務整理のデメリットとメリットとは何がある?記事一覧

借金の辛さから解放される手段の一つに債務整理があります。債務整理には特定調停任意整理個人再生自己破産の4つの方法があります。それぞれどういったものかというと特定調停は、簡易裁判所に仲裁してもらい返済条件を見直してもらうもの任意整理は、貸した側と借りた側の双方で話し合いを行い減額するもの個人再生は、具体的な再生計画案を提出し、裁判所に認めてもらう自己破産は、破産申告をして借金を免除してもらうもの以上...

中には着手金0円を謳う弁護士事務所も目にしますが、これは過払い金がある人だけに適用されますから、留意して委託してください。任意整理とは、債権者と債務者との話合いのなかで、金利の引き下げや元金のみの返済でいいように頼むという公の機関である裁判所を通さずに借りたお金を減額する手段です。おおかたの場合は弁護士とか司法書士が債務者の身代わりで相談し、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済というゴール...

自己破産をすると裁判所から生命保険を解約するように命令される場合があります。債務整理には多少のデメリットもあるのです。一度利用してしまうとクレジットカードなどの全ての借金ができなくなります。そのため、融資を受けることができない事態となってしまい、現金のみで買い物をすることにならざるを得ません。これはとても厄介なことです。任意整理をしたとしても、デメリットなんてたいしたものはないと思われるかもしれま...

生活保護を受けているような人が債務整理を頼むことは出来るということですが、やはり利用方法については限られてしまうことが多いと思われます。その上、弁護士の側も依頼を受けない場合もありますので、本当に利用出来るのかを熟考した上で、依頼なさってください。債務整理というこの言葉に馴染みのない方も多くいると思いますが、任意整理、自己破産、あとは過払い金請求など借金に苦しんでいる人が、借金を片付ける方法をまと...