任意整理とはなに

任意整理とはどういうこと?

債務整理の手段の一つに任意整理というものがあります。任意整理は個人再生や自己破産と異なり裁判所に手続きをする必要がありません。

 

借金がゼロになるわけではなく、支払う意思はあるんだけど現在抱える額を返すのは現実的でないので減らしてくれませんかというものです。

 

任意整理は例えば自動車ローンや住宅ローンなど様々あるなかで金利の高いものを優先して整理し、任意整理をしないものはそのままの条件で支払っていくなどフレキシブルに対応できます。これは交渉能力が鍵を握っており、交渉に失敗すると当然ですが減額できません。

 

成功した場合は返済期間を3〜5年で設定し、その間に分割して残りを返済します。ただ、やはり双方の合意のもとに交わされる任意整理なので、途中で返せなくなるなんてことがないように現実的な返済プランを立てることが重要です。

 

早く返すことに重点を置きすぎて、月々の返済に生活が圧迫されては意味がありませんし、怪我や病気といった予期せぬ出来事で返済計画が狂わないようにしましょう。また、その返済を支払うために他の金融機関等からまたお金を借りては本末転倒です。

 

過去に借金をしたことがある人もそうでない人もお金を借りるときは十分に検討しましょう。借りるときも返すときも現実的な計画をたてて返すようにしましょう。

 

特に一時的な見栄や贅沢、欲求を満たすために借りてあとで後悔するなんてことのないようにしたいものですね。

任意整理とその他の方法

任意整理が終わった後、色々なところで借りた借入金を返してなくなったら、およそ5年から10年経てば信用情報機関に登録されたデータが消滅しますので、その後は借金することができるようになります。

 

借金が返せないほど増えた場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と相談して、返済金額の調整をします。

 

これが任意整理という手続きですが、その場合に、銀行口座が凍結されるおそれがあります。銀行にお金を預けている場合は債権者に返済すべきお金として取られてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。

 

 

借金が高額すぎて、どうにもならなくなった時は弁護士や司法書士に頼りましょう。これ以上は返すあてもないという場合は自己破産という救済を受けることができます。

 

数年間は海外に出国できなくなるなどの制限が発生しますが、借りたお金は無くなります。個人再生という方法を選ぶためには、安定した収入が持っていることなどのある程度の条件があります。

 

 

銀行からお金を借りている状況においては、債務整理を行うとその銀行口座を凍結される可能性があります。ですから、事前にお金を引き出しておいた方が無難です。

 

銀行は損失を避けるために、口座を凍結してそのお金を渡さないようにしてしまいます。

 

口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行側の視点としては、当たり前のことです。

 

 

全ての借金がなくなるのが自己破産といった制度です。借金で辛い毎日を送っておられる方には嬉しいものですよね。

 

ですけど、メリットばかりではありません。当然のこと、デメリットもあります。

 

家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。そうして、十年間程度はブラックリストに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

任意整理のメリットとデメリットとは何がある?
任意整理には借金が減らせるメリットと引き換えに幾つかのデメリットもありますが、返済に行き詰まっているのなら早く楽に完済できるメリットを取るのがベストの選択といえます。