任意整理のメリットとデメリットは

任意整理のデメリットは

債務整理の方法に任意整理というものがあります。これは現在借りているお金を返済するのに、正直いまのままじゃどうにもならないから額を減らすなどして返させてくださいというものです。
借金がなくなるわけではなく、返す意思はあるので相談させてくれませんかというニュアンスのものです。
返す意思はあるんだし、なにか不都合でも生じるのかと疑問に思うと思いますがデメリットも当然あります。
それは債務整理をしたことが信用情報に記載されるということです。俗にいうとブラックリスト扱いとなるわけです。
ですが、ブラックリストになることと今の現状を比較し現状の借金が軽くなるほうが楽ではないでしょうか?明日(将来)の話より今日(現在)のほうが大切ということです。

 

もちろん債務整理には特定調停や個人再生、自己破産など別の方法もあり、一概にどれがいいとはいえません。どの方法がいいかは専門家に1度相談されることをおすすめします。
ブラックリストに載るのを嫌うかもしれませんが、ブラックリスト扱いは5年間です。
お金を借りるのはもうこりごりと思う人も多いので、いつでも借りれるという甘えがなくなる分、地に足ついた生活が送れるようになっていると思います。
借りれない分日々の生活を収入でいかにやりくりしていくか考えるため、借金をしていた無計画な生活よりよっぽどいいと私は思います。
もちろん人の借金を肩代わりしてしまったがために借金を負った人もなかにはいると思います。日々の生活で困窮しているならば債務整理の方法を検討されてはいかがでしょうか。

 

任意整理とはどういうこと?

任意整理とその他の方法

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

任意整理とはなに?どうしたら良いのか?
任意整理は債権者との話し合いで借金を減らして返していこうというものです。借金の総額や返済期間によっては選択できない方法でもありますから専門家と相談して決めていくのが一般的です。