個人再生 どうなる

個人再生とは

債務整理の手段に個人再生があります。この手段をとるには申したてを裁判所に行って、更に残りの借金をどのように返していくかの計画案を提出し、認可を受ければ成立します。
この方法の最大の特徴は裁判所を通しているため効力があり、借金の減額が可能ということです。ここまで書くと自分もと思い手を挙げたくなる気持ちも分かりますが、いくつか条件があります。

 

まず、減額したあとに、安定した収入を得ることができ、一定の期間で返済する能力の有無が問われることです。効力が大きい分、計画が実現できるかどうかがポイントになるわけです。
また、住宅ローンの残債を除いた総額が5000万円以下でないと利用できないのです。これについては、住宅ローン特則を使うことを条件にもりこめば使用できますが、住宅ローンだけには適応されません。

 

住宅ローンに関しては月々の支払いを減らす分、返済期間を延長することはできます。
個人再生の特徴は原因がいかなるものであっても減額をすることが可能であり、債務整理の方法の一つである自己破産では免れられなかった場合に選択される手段でもあります。
しかし、裁判所の判断がくだらなければ効力もなにも発生するわけなく、自分自身では無理と思ってるだけで他者(裁判所)評価ではまだ頑張る余地があると判断されるようでしたら別の債務整理の方法を検討しましょう
そのためにも専門家に相談し、自分自身が抱える負債についてどのように債務整理をしていったらいいか相談されることをおすすめします。要するに1人で悩まず誰かに相談しましょうということです。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。