借金返済のシミュレーションをしましょう

借金の返済と減額をシミュレーション

借金返済でのシミュレーションを

 

借金で悩んでいる人の中には無計画にお金を借りて、返せなくなったらまた違うところから返すために借りて多重債務に陥ったかたもいますよね。
もちろん生活のために仕方なく借金をした方もおられると思いますが、生活のために仕方なく借金した方も返済プランについてきちんと考えてことがありますか?
恐らくちょっとぐらい大丈夫って小さなほころびだったのではないかなと思います。

 

返すために支出のどこに原因があるのか計算した人は恐らく現在借金は背負ってないのではないでしょうか?借金を返済するためにはまず、収入と支出についてきちんと考えることが重要です。
どんぶり勘定ではなく月々の収入がいくらで、いくら支出として出ているのか、出ている支出で減らせる部分はないのか計算しましょう。

 

最近はインターネットやスマートフォンの普及で借金等の返済をシミュレートできるものがたくさんあります。どれがいいとはいえませんがそういったものを使ってみて現状を把握しみてはいかがでしょうか。1人で悩んでいてもいたずらに時間だけが過ぎていきます。
返済する意思があるのであればそういったものを使ってみましょう。ものによってはシミュレートした結果、返済方法に対しアドバイスしてくれるものもあります。
そして弁護士等に相談することも借金返済の手段の一つとして選択することで昨日まで悩んでいたものが解決する場合もあるのでまずは行動することだと思います。

まず専門家にアドバイスをもらおう

債務整理することに決めました

借金を返すあてがない場合、司法書士や弁護士にアドバイスを求め、債務をなくしてもらったり、軽くしてもらう自己破産や任意整理などの措置をしてもらいます。

任意整理のうちでも、自宅などを所有しながら借金を返済する個人再生という措置があります。借金の合計額が減りますが、自宅のローンなどは残りますので、気に留めておく必要があります。
任意整理とは、債権者と債務者が相談することで、金利を引き下げたり、元金のみの返済にしてもらうように交渉するという公の機関である裁判所を通すことなく借金を減額する処置です。

 

大多数の場合、弁護士や司法書士が債務者の代わりとして話し合う場をもうけ、毎月の支払う金額を減少させることにより、借金を全て払える道筋がついてきます。
借金が全部なくなるのが自己破産制度なのです。借金で辛い思いをしている人には喜ばしいことですよね。
しかし、当然メリットばかりではございません。当然のこと、デメリットもございます。家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。
さらに、およそ10年はブラックリストというものに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。

 

債務整理をする仕方は、色々あります。その中で最もサッパリするのは、一括で返済することです。一括返済の利点は、その債務を一括で完済してしまいますので、その後の繁雑な書類上の手続き及び返済が要らなくなる点です。理想的な返済法と言っても過言ではありません。

 

自己破産は特に資産がない人では、簡単な手続きで、終えられますが、弁護士に頼まないと手続きを自力でするのはかなり厳しいです。
自己破産に必要なお金はそれぞれの条件にもよりますが総額約20万円以上と比較的高額です。
もちろん先方もお金に困って相談に来ているお客さんであることは承知の上ですから、分割での支払いには応じてもらえます。

 

現実的に考えてもう自分では返せない場合

弁護士と打ち合わせは欠かせません

そうなると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官で話し合いを持ちます。月にいくらなら返済可能かなどを検討し、それからの月々の返済額が決定します。債務整理の手続き方法ですが、これは弁護士にお願いをするのが一番手早いでしょう。弁護士に任せることで、ほとんど全ての手続きを責任を持ってやってくれます。途中で裁判所へ行くことになったり、債権者と話し合いをする場合もありますが、大変なことは全て弁護士にお任せすることができます。

 

自己破産とは、借金を返すことがもう確実にできないということを裁判所から理解してもらい、法律により、借金を取り消してもらえるやり方です。
生活する際に、最低限いる財産以外は、すべてを手放すにことになります。日本国民ならば、誰でも自己破産をすることができます。

 

債務整理をしたら、結婚をする際に影響があるのではないかと案じている人がいますが、債務整理をしなくて、多額の借金を抱えているほうが問題です。
債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てたい際に、債務整理を行った後、7年間は住宅ローンが組めない事です。7年以上間をあければローン可能になります。

 

銀行に借金をしている場合は、自己破産を申請するとその銀行口座をストップされることがあります。だから、前もってお金を引き出しておいた方が利口です。
銀行は損失を避けるために、口座を凍結してそのお金を使えないよう処理します。
口座を凍結するなんて人でなしだと思うかもしれませんが、銀行サイドからすれば、反論を受け付ける必要はないことです。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

借金返済に困ったらどうしたら良いのか
借金返済するのは当然なのですが、思いがけず返済ができなくなってしまうこともあります。原因はさまざまですが意外と簡単に窮地に陥ってしまうのがお金の怖い所です。困ったらまずどうするべきかをご紹介します。
無料相談で借金問題解決のきっかけをつかむ
借金問題で悩んでいる人はいまだに増加中。全国各地で借金問題の無料相談会が行われています。直接足を運びにくい事情のある方にはインターネットやフリーダイヤルによる無料相談も増えました。
借金返済の相談をする相手はだれにすべきか
借金返済について自分でネットで調べるにも限界があります。どうしても困難な法律や貸金業者との交渉をサポートしてくれる専門家に相談するのが賢明です。