過払い金返還請求とはなに

過払い金とは

過払い金請求のデメリットは?ブラックリストに名前は?
手数料とかいっぱいかかるの?お金が戻るけど心配もあります。

 

借金をすると額や返済期間に応じて利息がつきます。利息を払うことは借りたものを返す以上当然のことですが、この払いすぎた利息は過払い金と呼ばれ返ってきます。では、なぜ過払い金という言葉が存在するのでしょうか?
法律が改正する前、出資法と利息制限法という2つの法律ではグレーゾーン金利と呼ばれる金利の差が存在していました。どういうわけか、出資法を越えると刑事罰が科せられるのに、利息制限法には上限をオーバーした金利であっても何のお咎めもなしだったのです。一方では罰が下るのに一方では罰が下らないなんておかしな話ですよね。

 

その不公平を解消するために法が改正され、グレーゾーン金利を払っていた人が払う必要がないお金を返却するためのテレビコマーシャル等で過払い金の返還手続きを薦めているのです。
ただ、これは自分自身で行動を起こさなければいけません。誰かがあなたは過払い金を払っているので返金されますとしてくれるわけではないので専門家である司法書士や弁護士に相談しましょう。
過払い金には返還期限があるので最終取引から10年経過してしまうと例えグレーゾーン金利を払っていたとしても返ってきません。

 

もしかしたら自分もと思った方は借入先に対し先ず取引履歴を開示してもらうよう請求しましょう。弁護士や司法書士もグレーゾーンか否かの判断材料がなければ相談を受けられないのでまずは自分自身で行動することが大切です。
いまも借金で悩んでいる人、過去に苦しんでいた人も過払い金と認定されれば今の借金が減る、あるいは戻ってくるかもしれませんよ。

メリットはわかるけど良いことばかりではないハズ

過払い請求って最近は広告もいっぱい出てるから、認知度は広く浸透していてかなり一般的になってるようですよね。長い間、消費者金融に返済を続けてきたから過払い金ってあるかも知れない。

そう考えている方って実はとても多いのです。ただ、実際に過払い金請求をして払い過ぎた利息を取り戻した、という声を身近で聞いた方ってなかなかいないですよね。

 

現実に過払い金請求が多いとは言っても、できれば最初から最後まで人に知られずに済ませたいもの。それに請求したせいで金融関係に名前が行き渡ってブラックリストに載ったりして、いろいろデメリットがあるかも知れない。そう考えてちょっと実際には無理かなと思っている方も多いのです。

 

しかし安心してください。過払い金があるのか貸金業者に問い合わせて調べても、そして過払い金があって請求したとしても、あなたの信用情報に傷がつくことはありません。つまり、いわゆるブラックリストに名前がのることはないのです。

 

過払い金の請求と一緒に、返済できない借金を減額する交渉など債務整理をした場合は一定期間ブラックリストに載りますが、過払い金を取り戻しただけなら大丈夫です。
それにいままで利用していた自動車のカーローンなどもそのまま利用していくことができますから安心ですね。ただし、過払い金の請求をした相手の業者からはしばらくお金を借りられないケースが多いようです。

過払い金請求のデメリット

テレビコマーシャルでなにかと話題にされる過払い金。過払い金というと完済した借金に対することと思いがちですが、現在支払い中の借金に対しても請求できます。
しかし、安易に過払い金請求をするのはNGです。もちろん、完済したものに対しては10年という時効があるので急いだほうがいいですが、ポイントは現在支払い中の借金に対する過払い金です。

 

なにが問題なのかというと現在進行形で返済している借金に対し、過払い金を請求するとそれは=債務整理として扱われます。
まぁ、これにより返ってきた過払い金で借金がなくなるならいいですが、借金がなくならない場合は借りた金融機関から信用情報機関に債務整理として情報が登録されます。情報が登録されると、請求をした金融機関から借り入れするのができなくなる場合があるので注意しましょう。いわゆるブラックリストに載るというわけです。
過払い金が返ってくることで借金がなくなる場合はそのようなことにはなりません。

 

現在の借金に対して過払い金を請求するのであれば、借り入れ状況が分かる書類等をもって弁護士や司法書士に相談して、最終的に依頼するかどうかを決めてからでも遅くはないと思います。
いくつもの金融機関から借りている場合に過払い金請求を行うと、それらの借り入れ先からお金を借りることができなくなります。
借金で苦しむ人の多くは二度と借金なんてと思い、借金をすることはないと思い金融機関からお金を借りるつもりはないと思いますがそういうデメリットがあることを情報として知っておくといいでしょう。

こちらが請求しない限りは

ただ、ここで問題なのは、こちらが黙っていたのではいつまでたってもお金は戻ってこないということ。
法外に請求されていた利息なのですが、こちらから「○○円払い過ぎているはずですから返してください」と請求しない限りは決して戻ってきません。

 

何も言わなければこれ幸い、さらに請求したとしても素直に応じるケースは少ないようです。彼らも利息は制限され、さらに過払い金請求は増える一方ですから、かなり苦しい状況。なので少しでも支払いを減らすためにいろいろと難癖をつけて出し渋ってきます。

 

しかし、こちらが情けを掛ける必要はありません。だまって法外な請求をしていたのは向こうなのですから。
業者が払わないとなれば裁判になりますが、それでもこちらに理がありますから必ず取り戻せます。そのためには、こちらもこの道のプロの力で対抗することになります。

 

つまり、債務整理や過払い金請求の専門家である、弁護士や司法書士に依頼するということ。現在は初期費用である着手金などもなく過払い金の20%ほどが成功報酬となっていて、取り戻せない時は報酬はなしというのが一般的です。
なので手元にお金がなくても依頼は可能ですし、戻ってくる過払い金よりも手数料が上回るなんてことはありません。

 

まず、過払い金があるのか無いのかハッキリさせたいのが先決ですよね。それならまず無料のール相談が良いでしょう。タダでいつでも匿名で利用できるのがポイントです。実は私も利用して過払い金取り戻しました。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。