自己破産とは何でしょう

自己破産とは

自己破産する人の悩み

 

自己破産という言葉を1度ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?では、言葉としてはよく聞くけれどもどういうことなのかは具体的によくわからない自己破産。
身近な様でいて本当は縁遠い存在といえますが、実際に自分が債務整理する場合に直面し、どういうものなのかを知るケースがほとんどだと思います。

自己破産とはどういうものかというと、借金をしたことで借金の返済の支出が多すぎて生計を立てるのが困難な状態であり、裁判所が申請を受けて認定するものです
裁判所に自己破産を申請することで認められることがありますが、きちんと制度について理解しておくことが大切です。
自己破産をすれば借金がチャラになるといったベネフィットや申請後の生活に支障がでるといったデメリットが1人歩きしていて正しく認識されていないというのが現状です。
半分正解で半分は間違った情報でもあるため安易に申請するものでは当然ありません。

 

確かに、資産価値のある住宅などは自己破産を申請するとそれらの財産を処分して残債を帳消しにすることも可能ですが、必ずしも帳消しにならないケースも存在します。
自己破産は最後の手段として検討することも大切ですが、その前に自己破産という手段をとらなければ本当にいけないのか、これまで支払った借金の金利に過払いはないかなど確認してからでも遅くはないと思います。
自己破産の申請をしたにも関わらず、借金が残ってしまったのでは意味がありません。1人で悩まずに弁護士などの専門家に相談してよりよい選択をされることをおすすめします。

自己破産 どんな時にするべきか

日本国民であれば、誰もが自己破産をすることが可能です。交渉を通して合意成立した後に、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査される際にはじかれてしまいます。
ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、記載が抹消されるまでには5〜10年はそのままですので、それより後になれば借金ができます。
債務整理をしたら自動車ローンを組めなくなるんじゃないかという人がいますが、事実、そんな事はないといえます。

 

それなりの時間、組めない時期はあるものの、その時期が過ぎると他の人と同様に、ローンを組めるはずですから、心配しないでください。任意整理というのは、債権者と債務者が話す場を設けることで、金利の引き下げを行ったり、元金のみの返済に軽減してもらえるように嘆願するという公共機関の裁判所を使わずに借金を減らす手段です。大部分の場合、弁護士、司法書士が債務者の代わりに意見をかわし、毎月の支払う金額を減少させることにより、完済の目途がつきます。借りたお金を返すことが難しい場合、司法書士や弁護士に話し、裁判所や弁護士によって債務をなくしてもらったり、軽減してもらう自己破産や任意整理といった方法を選ぶことができます。

 

任意整理の中でも、自分の家などを保有しながら借金を返す個人再生という選択もあるのです。借りているお金の総額が減りますが、自宅のローンなどは残りますので、気にしていなければなりません。

 

 

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

自己破産の手続きと流れは
自己破産の手続きとは、どんな流れで進むのか、手続きの途中で必要になるもの、費用を支払うタイミングなど、未経験なことばかりですから見当がつきませんよね。
自己破産のメリットとデメリットには何がある?
自己破産のプラスとなること、つまりメリットは免責になると借金を返す必要がなくなることです。これが最大の目的ですが、注意すべきなのは借金ゼロになるだけに、デメリットも大きなものがあるということです。