自己破産のメリットとデメリット

自己破産のデメリット

自己破産する場合のデメリット

 

債務整理に1つである自己破産、自己破産について正しく理解されていますか?まぁ、多くの人でそのような経験をしたことがないため噂が1人歩きして誤解を生じているケースが多いのではないでしょうか。

 

ここで自己破産をするとどんなことで生活に支障がでるのか、要するにデメリットの部分ですね、それを説明します。

 

まずは、金融機関が有する信用情報に事故扱いが載りブラックリストとなります。これは一定の期間、大体5〜10年が相場です。その期間はクレジットカードの申し込みや新たな借り入れができなくなるという制約が生じます。これは自己破産に限らず、他の債務整理でも同様です。

 

次に、所有する財産も99万円以上の金額や20万円以上の価値のある動産や不動産等は手放す必要があります。特に動産である自家用車や不動産である住宅はローンが残っても没収されます。

 

しかし、住むところがなくなると困るので生活を送るうえで必要なものは残ります。なんでもかんでも没収されるわけではないんです。

 

次に職業についての制限があります。自己破産の手続き中は就けない職業があり、弁護士、生命保険の外交員、警備員などは職を失うことになります。

 

ある程度の財産を有し、少額管財の手続きを受ける場合は、転居や長期間の旅行は裁判所の許可がなければできません。

 

一般の人がみることのできない官報に自己破産をしたことは載ります、そのため金融機関から融資を誘うダイレクトメールが届くことがあります。

もうこれ以上返さなくていいの?

お金を返す方法に悩んだり、金策に走り回らなくても大丈夫になります。特にあまり財産がない人には、借金を返す為に手放さなくてはいけないものがわずかなので、利点が大きいと感じます。

 

債務整理を弁護士、司法書士にしてもらうとき、最初に気にするべき問題は着手金及び以降かかって来る経費のことです。着手金の場合、平均して一社につき二万円程となっています。

 

中には着手金0円を掲げる法律事務所も見かけますが、これは同時に過払い金がある債務者に限ることですから、依頼する時によく注意しましょう。

 

債務整理をした場合でも生命保険を解約する必要がない場合があるのです。

 

任意の整理をしても生命保険をやめなくても良いのです。注意すべきなのは自己破産する時なのです。自己破産をする時には生命保険を解約するように裁判所によって言われる場合があります。

 

借金が多くなってしまって任意整理を行わなければならなくなった場合、その後、また借り入れをしようとしたり、カードを作りたいと思っても、信用機関には、情報が残るため、審査に通らず、しばらくはそういった行為をできないということになるのです。

 

借金癖のある方には、かなり厳しめの生活になるでしょう。借金など踏み倒したらと友達に言われたけれど、それはできないと判断して債務整理を決意しました。

 

債務整理を実行すれば借金は少なくなりますし、頑張れば返していけると思ったためです。お蔭で毎日の暮らしが楽しくなりました。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

関連ページ

自己破産とはどういうことなの?
自己破産という名称は知っていてもどういうことなのか疑問も多いですよね。借金問題を解決の切り札とも言える自己破産。名前とブラックリストなどのマイナスイメージが強いようですが、過大な借金に苦しむ人への救済策なのです。
自己破産の手続きと流れは
自己破産の手続きとは、どんな流れで進むのか、手続きの途中で必要になるもの、費用を支払うタイミングなど、未経験なことばかりですから見当がつきませんよね。