キャッシングで多重債務になる

誰にでもあるキャッシングの落とし穴

キャッシングはまず返済のことを考える

 

キャッシングを使う人が多い中で、多重債務状態になってしまう人が後を絶たないのが現状です。キャッシング利用者が多重債務者になるまでには、どのようなプロセスがあるのでしょう。自分の希望で多重債務者になったという人は、いないといっていいでしょう。
ただなぜだかお金が足りない状態が続いて、キャッシングをするしかない流れに巻き込まれて多重債務者となってしまいます。
クレジットカードのローンや、キャッシングが、多重債務ほの発端になることが多いようです。

 

地方銀行のローンを低金利で借りていたり、クレジットカードのキャッシング枠からお金を借りたり、有名な消費者金融会社からスピード審査を経て融資を受けたりと、最初のステップは簡単なものです。多重債務になる前は、簡単に使えるキャッシングを、軽い気持ちで利用していたという人が多いようです。
キャッシングへの精神的抵抗が低くなると、借入金額が多くなったり、些細な理由でローンを組んだりします。

 

借入件数が多くなると、今、どこに、いくらのお金を借りていて、今月はいくら返済すべきかわからなくなりがちです。すでにクレジットや銀行系のクレジット枠はギリギリ一杯になっており、闇金組織が近づいてくるのです。場合によっては、親や親戚に頼み込まなければ、多重債務を解消できなくなってしまいます。
多重債務に至る前は、軽い気持ちで利用したキャッシングの積み重ねであることは、理解しておく必要があります。

常に利用状況を確認して多重債務化を避ける

カードを利用してどんな買い物をしたか、現在の状況をきちんとわかっている人は、多重債務に陥ることはまずありません。
結果的に多重債務になってしまう人の場合、今どのくらい使っているかを計算しないままに、使い続けているパターンが大半です。
毎月どのくらいの返済ならできるかというラインをもうけずに、漠然とお金を借りる人も珍しくありません。

 

1回1回の利用額がさほど多くない場合でも、何回も繰り返し融資を受けていると、トータルの金額は高額になってしまいます。そんなことにも気つがないでいれば、多重債務になることは火を見るより明らかです。
キャッシングを利用する時には、今借りているお金の合計はいくらになっているかを把握しやすいように、手帳などに数字をメモっておく習慣をつけるようにしましょう。
衝動買いにクレジットカードを使うと、支払い額がどんどん跳ね上がります。

 

カード払いをする前に、今この瞬間、それほどまでに欲しいものなのかという点について、よく考えてください。
毎月の支払い額が一定以上になると翌月に繰り越されるというリボルビング払いもよく使われていますが、場合によっては完済がなかなか終わらず、利息ばかりを支払い続けるという事態になってしまいます。

 

リボルビング払いは、やむをえない時だけ利用して、普段からは頼るということがないようにしましょう。
キャッシングを利用する時には、多重債務状態に陥らないように、よく考えて、無理なく融資を受けるようにしましょう。

返済に行き詰まるとどうなる

キャッシングの返済きちんとできてますか

 

最近は、ネットキャッシングを利用する人もふえており、キャッシングの利便性が増している反面、多重債務になる人も少なくないようです。返済に行き詰まり、多重債務になったら、どうなるのでしょう。
仮に、多重債務者の返済が遅くなり始めることがあれば、担当者から連絡が入り、返済できるかどうかが確認されます。
多重債務者への連絡は封書であったり、携帯電話などへの電話だったりします。
最初のうちは、女性担当者が連絡をしてきますが、繰り返し返済が滞ることがあれば、男性の担当者が連絡をしてくるようになるようです。
キャッシング会社には回収専門の部署があり、何度も返済を滞らせると、回収専門部署から人が回されてきます。威圧的な男性から電話がかかってくるようになるようです。

 

小さな金融会社からお金を借りた時には気をつけましょう。強い態度で返済を迫られたり、家の前まで人が来るようにもなると言われています。
無理なく返せる範囲で借りているうちはいいですが、うっかり使いすぎると多重債務になってしまうかもしれません。基本的にお金のある人は借金などしないからです。
一度でも多重債務状態に陥ってしまったら、そこからの脱却は困難です。多重債務にならないためにも、キャッシングを利用する時には事前に返済プランをしっかりつくりましょう。

キャッシングによる多重債務の解決法

キャッシングの申込みが手軽にできるようになって、ちょっとしたことでキャッシングを使う人が多くなっています。しかし、キャッシングを便利に使っているうちに、多重債務状態になってしまう人もふえています。
キャッシングを使っている人はふえていますが、実際は、一人で何社からでも借りているという人がたくさんいるといいます。消費者金融業界はとても儲かっています。利用者がどんどん増えているからです。

 

もしもキャッシングで多重債務者になってしまったら、借金を整理しなければなりません。法律では、キャッシングの返済がうまくいかなくなった場合の対処法が、任意整理や自己破産など、いくつか定められています。
返済可能な金額まで、返済額を減らしてもらえるように交渉することが、任意整理の目的です。利息制限法より高金利の融資の時に、金利を計算しなおしてもらいます。
多重債務で返済が行き詰まっているという人は、弁護士の無料相談窓口を利用するといいでしょう。特定調停という仕組みを利用することで、多重債務を何とかする方法もあります。

 

独力で簡易裁判所に申し立て、返済条件の整理をすることが、特定調停と呼ばれる仕組みとなります。弁護士に依頼をするとお金がかかりますが、自分で特定調停の申し立て手続きをすればお金がかかりません。
もしも、多重債務状態は苦しいけれども、条件が緩和されれば独力で全額返済ができるなら、特定調停は役立ちます。

 

キャッシング等でかなり多重債務が深刻でどうにもできなくなってしまった場合の最終手段として、自己破産という方法があります。
自己破産は、任意整理が困難だという人が行います。自己破産をしたからとって人生終了ということはありません。まだ再起の機会はあります。
キャッシングを利用しすぎて、多重債務になってしまったという場合でも、状況を改善するためにできることは色々とあります。

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。