キャッシングやクレジットの返済

キャッシングやクレジットの返済に困ったとき

キャッシングやクレジットを使いすぎると

 

あなたもキャッシングやクレジットの返済に困っているのではありませんか?このような時一番大切なことはこれ以上「傷口を広げない事」に尽きます。

 

借金返済のためにまた借金を重ねることは自分のためにならず、問題を悪化させるだけです。素早い対処は、負担が少ない問題解決につながります。

 

返済の支払が苦しくなるとき

キャッシングやクレジットの支払に困る理由としては大きく分けて2つあります。無計画な使い過ぎと収入に対して返済額が大きくなりすぎること。

 

使い過ぎの誘因となるのは、カードローン、クレジットカードの使い過ぎることが原因であり、その件数が複数になってくると多重債務と言われる状態に陥ります。

 

無計画な借り入れを続けることで返済が大変になるのは当然ですが、多重債務の状態であれば返済が二重三重になり返済が行き詰まることになります。

 

ついには収入に対して追いつかないほどの返済額となり支払いが滞る事態になると、もう危険な状況ですから対応を急がなければいけません。

 

借りすぎとリボ払い

カードローンの借り過ぎは利用残高を増やすだけでなく、利用限度額いっぱい使ってしまうリスクが在ります。借入限度額以上の利用ができないため、もっと借りる必要があれば他の消費者金融で借りる必要があるのです。

 

また、クレジットカードの使い過ぎで支払ができないと、最近は支払日の前にリボ払いに変更できます。しかし、リボ払いは借金と同じです。

 

最低返済額で元本が減らない

カードローンもリボ払いも毎月の支払額は決まっています。利用した金額に比べれば非常に少額です。この金額は、たいてい利息を回収する最低限の金額ですから、この返済だけであれば借金は減りません。

 

元本が減らないまま追加の借入をしたら借金が膨れ上がるのは当然です。カードローンの利用限度額は「借りることができる金額」であり、借りたら返さなければいけないのです。

 

借金で困ったらやるべき事

 

どうしていいのかわからなくなったら

 

「借金の返済がきつくなってきた」「ついに返済できなくなった」「収入が減少して返済がままならない」このような事態に陥ったらやるべきことがあります。

 

時間が経過するに連れて事態は深刻化していってしまうので、できる行動から起こしていかなければならないのです。

 

借入先への連絡

返済ができなくなった時はなるべく早めに借入先の金融機関、消費者金融に返済が遅れることを知らせることが必要です。しかし、遅れることを連絡したら必ず確認されることがあります。

 

それは「次の入金日はいつになるのか」ということなのですが、いつ返済できるのかアテがないという返事はできません。いつまでにいくら入金できるかを知らせることが求められます。

 

しかし返済するめどが立たないので何もできずに返済が滞納しているとケースも少なくないのです。

 

返済を加速させること

1つ目は返済を加速させることです。最低返済額で留めるのではなく、できるだけ多くの金額を追加返済するのです。

 

追加返済すれば、その金額は元本返済に充てられます。つまり借金の残額が減るのです。これができない人が結構多い、というかほとんどでしょう。ですが、それでは借金を減らすことは不可能です。

 

生活の引き締め

2つ目は生活の引き締めです。生活を引き締めて返済資金を捻出するだけでなく、これ以上借金を増やさないために生活を引き締めるのです。

 

こうすることで返済額が増えつつ、生活を引き締めることで新しい借金を防止することができます。

 

返済に困ったときにやっていけない事

 

やるべきことやってはいけないこと

 

これに対し、キャッシングやクレジットの返済に困った時、絶対にやってはいけないことがあります。返済に行き詰まるとそうしてしまいがちですがどれも解決策にはならないので要注意です。

 

さらに追加の借入をする

1つ目は新しい借金を作ることです。返済資金に困って別の消費者金融を利用してしまう人が多いです。しかし、これは問題の解決にならないどころか問題を更に大きくしてしまいます。問題は解決しません。

 

2か所以上のカードローンなどを利用していることを多重債務と言います。毎月のように返済先が複数になり、返済がドンドン苦しくなります。このような事になってはいけません。

 

クレジットカードの現金化

クレジットカードを持っている人の中には、カード払いで購入できる金券をチケットショップで資金化しようと考えている人もいます。しかし、これはクレジットカードの規約違反であり、見つかると大変です。

 

また、資金化をしたつもりでもクレジットカードの請求は最長2か月程度ですから、すぐに次の資金調達が必要になるでしょう。すぐに2回目のクレジットカード現金化をすることになります。

 

こうなると雪だるま式に請求挌が膨れ上がり、すぐに返済に困ることは間違いありません。また、規約違反ということで、万が一債務整理をする事態になっても、信販会社は相手にしてくれません。

 

どうしようもなくなったら

 

解決策を知りたいのです

 

このようにキャッシングやクレジットの返済に困った時にやるべき事、やっていけない事が挙げられます。しかし、収入が限られていたり、支出を既に引き締めていたりするような場合は対応できません。

 

そんな場合は「やっていけない事」をしてしまう前に対応する手段があります。

 

専門家にアドバイスを受ける

キャッシングやクレジットの返済に困り、どうしようもなくなったら債務整理を得意とする弁護士に相談することをお勧めします。債務整理を得意とする弁護士は、最初の相談料は無料となっていますから、お金がない人も安心して相談できます。

 

そして、弁護士に依頼する場合の支払も心配いりません。債務整理がスタートすると債務弁済がストップします。弁済していけないと言われるのです。

 

毎月のように借金返済のために支払っていた資金を弁護士に支払えば弁護士報酬の支払が進みます。もし、債務整理が終わった後に残額があっても分割払いに応じてくれることがほとんどです。

 

このようにキャッシングやクレジットの返済に困り、先ほどの「やっていけない事」では対応できなくなったら弁護士への相談が必要です。どうしようかと考えているうちに「やっていけない事」をしてしまい事態を悪化させることが多いのです。早めの相談が自分の負担を少なくします。

\まずは気軽にCHECK/

あなたの借金をどれだけ減らせるかを

匿名・完全無料で診断できます。

匿名無料メール診断

借金返せないのトップページへ戻る借金返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。どうしても返せなくなった時の対処法を紹介しています。

キャッシングやクレジットの返済に困ったとき記事一覧

キャッシングを使う人が多い中で、多重債務状態になってしまう人が後を絶たないのが現状です。キャッシング利用者が多重債務者になるまでには、どのようなプロセスがあるのでしょう。自分の希望で多重債務者になったという人は、いないといっていいでしょう。ただなぜだかお金が足りない状態が続いて、キャッシングをするしかない流れに巻き込まれて多重債務者となってしまいます。クレジットカードのローンや、キャッシングが、多...